看護師 求人

【看護師求人】バイト?パート?派遣?常勤?どれが私にピッタリな働き方なの?あなたにベストな働き方をご提案

看護師,求人

これから看護師求人サイトで看護師の募集を探しているあなたは、具体的に希望する働き方が明確に決まっていますか?

 

お給料が高い職場?
常勤の職場?
それとも時短パートがいい?
土日が休みの職場がいい?
人間関係を大事にしたい?

 

どんな働き方をしたいのか、具体的に決まっているほうが、当然自分にピッタリの求人が見つかる可能性が広がります

 

ここでは、看護師バイト、看護師パート、看護師派遣、常勤の4つに分けてそれぞれ働き方を説明します。

 

ぜひ、あなたにピッタリな働き方を見つけてください。

 

数ある看護師求人サイトからあなたに最適なのものを見つけるための5つのポイントとは?

 

1・看護師バイト求人について

まずは看護師バイトの求人について、メリットとデメリットをご紹介します。

 

看護師バイト求人のメリット

メリット1:シフトの自由が利く

何といっても一番のメリットは、シフトの自由が利くことでしょう。
決まった曜日、決まった時間帯に係属して勤務できない方にはピッタリの働き方です。

 

メリット2:ライフスタイルに合わせて働ける

看護師バイトであれば、ライフスタイルの変化によって生活環境が変わったとしても、その都度、仕事を減らしたり増やしたり自由にできます。

 

メリット3:仕事とプライベートの両立が可能

バイトの身分ですので、過度の労働や精神的負担が重くなってきたとき、一時的にまたはその先ずっと仕事量を減らして調整することもできます。
これならば、自分ができるだけの仕事に絞ることで心に余裕ができ、プライベートを存分に楽しむことができますよね。

 

メリット4:責任の大きな業務はしないため精神的ストレスが少ない

看護師バイトは、常勤の看護師さんのように責任の重い業務、医療ミスを起こす心配のある難しい業務をすることはほぼありません。
そのため、精神的ストレスがずっと少なく、心に余裕を持って仕事ができるメリットがあります。

 

看護師求人サイトを選ぶときの5つのポイント

 

メリット5:残業をすることが少ない

基本的に看護師バイトに残業を強いることはありません。
また、難しい業務や難しい治療を行っている患者さんを看護師バイトに担当させることはありません。そのため、業務がしっかりと時間内に終わることになります。
特に時短勤務の場合には残業をすることはほとんど無いといえます。
看護師,求人

看護師バイト求人のデメリット

デメリット1:バイト期間はキャリア期間と認められない

いくら看護師の仕事を長くしていると言っても、それがバイトなら、次の職場に行ったときも経歴としてカウントされません
そのため、基本給がどうしても低くなってしまいます。

 

デメリット2:社会的な信用が低い

やはり「バイトしている」というのは、「常勤です」というのに比べて社会における信用度が違います
これは銀行ローン、クレジットカードなどが組みにくくなる要因でもあります。

 

デメリット3:労働時間によっては社会保険の適応が受けられない

バイトでも社会保険の適応を受けることができる職場もあります
ただし、労働時間によっては受けられないことがあるので注意しましょう。

 

デメリット4:身分保障が得られない

バイトは職場が人員整理したいときに真っ先に切られる対象です。
これは仕方のないことですが、この不安定な身分との引き換えとして、自由さがあるのです

 

看護師バイト求人が向いている人は?

常勤までの繋ぎ、次の仕事までの繋ぎ

希望する病院があるとして、そこが常勤を現在採用していない等の場合、一時的に看護師バイトとして働いておき、常勤の枠が空いたときに再度応募してみるという手段もあります。
また、本当にやりたいお仕事があり、その準備期間が必要である場合、看護師バイトとしてそれまでの間、繋ぎで働いてお給料をもらうこともできます。

 

精神的なストレスに弱い方

難しい医療行為にはミスが生じやすく、難しい医療行為は主に常勤看護師の仕事です。
このような緊張感のある仕事が多いと精神的なストレスが大きくなります。
精神的なストレスを極力避けたい方は、看護師バイトが適しています。

 

看護師求人サイトを選ぶときの5つのポイント

 

ダブルワーク

看護師の他に、例えば夜のお仕事を掛け持ちしたい方は、看護師バイトで働き初めておいてもいいでしょう。
将来的にはどちらかに絞り、その時になって常勤になるという選択肢もあります

 

ママさんナース

家族にまだ小さな子供がいるママさんナースの方は、子育てを最優先にシフトを来ることが出来る看護師バイトが一番働きやすいでしょう。
お給料は下がりますが、子供に何かあったときは一番融通が利きやすい働き方です。

 

夫の扶養家族から外れたくない

バイトでも年収130万円を超えてしまうと扶養家族から外れて、年金や保険料を支払う義務が生まれます。
(なお、年収が103万円を超える場合は、夫が配偶者控除を受けられず、夫の税負担額を増えてしまいます。)

 

年金や保険料を払ってまで働きたくないと考える人は、週2日勤務や時短勤務も可能な看護師バイトが向いています。
看護師,求人

看護師高給バイトはどこにある?看護師バイト求人の時給について

一般に看護師高給バイトは時給2000円以上でしょう。

 

これに対し、訪問看護師は首都圏では時給3000円以上は当然で、時給4000円での募集も多く、高い所では時給5000円という条件もあります。

 

訪問看護師は近年の需要の増大に対し、全く人数が足りていません。
需要と供給の関係から、訪問看護師の時給は高騰しているのです。

 

職場の選び方は?看護師バイト求人の職場について

時給が最低でも2000円以上の職場を探したいなら、「訪問看護ステーション」、「訪問入浴」、「大学病院の病棟・外来」、「透析センター」、「クリニック」などが良いでしょう。

 

一方、看護師バイトの一番のメリットである「自由に働くこと」(残業が少ない、休みの希望が通りやすい、時短勤務できる)を最優先する場合は、仕事を調整することで一人一人のニーズに合わせやすい介護系施設をお勧めします。

 

2・看護師パート求人について

次に、看護師パート求人についてご説明します。

 

看護師パートと看護師バイトはどう違うの?

看護師パートの紹介の前に、看護師パートと看護師バイトはどう違うのか?について説明しなければなりません。

 

医療機関の募集内容で、「看護師パート募集」とか「看護師アルバイト募集」といったことが記載されています。

 

「パート」と「バイト」で区別しているの?などと疑問に思われるかもしれません。
しかし、実は、「看護師パート」も「看護師バイト」も中身はほとんど同じで、応募する側はあまり気にしなくていいでしょう。

 

看護師,求人

 

世間のイメージでは、以下のように分かれています。

 

・バイトは20代〜30代のフリーターが中心で勤務形態も非常に自由度が高い。継続期間も短い。
・パートは30代以上の主婦が中心で勤務形態も自由だけれどバイトに比べると制約が多少多い。継続期間はバイトより長い。

 

しかし、これはあくまでイメージで、実際は10代でもパートとして多くの方が勤務しているし、主婦の看護師バイトもたくさんいます。

 

また、勤務形態ですが、医療機関側によって多少パートとして採用するほうが、正社員に近い業務を期待したいと考えているかもしれませんが、実際は法律上の区別は無く、一律に「パートタイム労働者」と呼ばれています

 

あなたが時短勤務、シフト調整しやすく自由度が高い、精神的なストレスが少ない、などの勤務形態を望むなら、看護師バイトでも看護師パートでもどちらを選択しても問題ありません。

 

結局、「看護師パート求人のメリット」、「デメリット」、「看護師パート求人が向いている人」、「看護師高給パート求人がどこにあるか」、「看護師パート求人の時給」は、いずれも、上記の『1.看護師バイト求人』の項目で説明したものが同様に当てはまります

 

看護師パート求人と看護師バイト求人の給料

まず、看護師全体の平均給料を見てみましょう。

 

以下の表は、2016年度の看護師平均給料です。

 

看護師平均年収 472万円
看護師平均月収 33万円
看護師平均時給 1,966円
ボーナス(年間) 78万円
総労働時間/月 167時間/月
平均勤続年数 7.4年
平均年齢 38.0歳

 

これに対し、看護師パート求人と看護師バイト求人の時給とお給料(月収)はどうでしょうか?

 

都心では平均時給は2000円を超えるでしょう。
地方では1800円まで下がるところもあります。

 

あとは、自分で一日何時間働くつもりなのか、週に何日働くつもりなのかで月収が増減します。

 

場合によっては、常勤の看護師の月収を一時的には抜いてしまうこともあるでしょう。

看護師,求人

 

看護師パート求人、看護師アルバイト求人の福利厚生

一般に、看護師の福利厚生には、制服貸与、シューズ支給、食堂、看護師寮、院内保育園といった施設の提供、年休や、各種手当、特別休暇などがあります。

 

各種手当には、休日出勤、夜勤手当、残業手当、家族手当、育児手当、資格手当などがあります。

 

特別休暇には、家族介護休暇、家族看護休暇、リフレッシュ休暇などがあります。

 

看護師パート、看護師アルバイトにも、種類は少なくなるのですが、これらの常勤に与えられる福利厚生が受けられる職場があります

 

 

看護師パートや看護師バイトでも、看護技術は忘れたくない

看護師パートや看護師バイトは、常勤看護師より医療行為が容易な業務が多くなります。

 

そのため、将来的には常勤看護師として働きたいと考えている場合は、「看護技術を忘れてしまう」という不安があります。

 

現場での経験が何年も無い状態が続くと、せっかく身に着けた看護技術をどんどん忘れていってしまいます。

 

将来的に常勤看護師として働くことを考えている方は、楽だからといって医療行為の無い職場を選んでしまうと、後々苦労する可能性があることを認識しておきましょう。

 

ただし、せっかく精神的なストレスが少ない看護師パートや看護師バイトを選んだのに、医療行為で忙しい職場は避けたいと考えている方も多いと思います。

 

そんな場合は、「健診」、「外来」などの残業が少なく、適度に医療行為がある職場で勤務することで、看護師技術を忘れずにキープし、ブラッシュアップすることができます。

 

 

また、「リハビリ病院」、「ケアミックス病院」、「回復期病棟」なども、急性期病棟のような多忙な医療行為は無いため、看護師技術をキープすることができるためオススメです。

 

看護師求人サイトを選ぶときの5つのポイント


page top